長崎の飯田直樹法律事務所

長崎での離婚問題、相続に関することなら飯田直樹法律事務所まで。

飯田直樹法律事務所は、長崎市金屋町の法律事務所です。法律に関するご相談はお気軽にご連絡下さい。
長崎市金屋町9-32-303 tel:095-895-7661
刑事事件・少年事件 犯罪被害者支援 消費者トラブル 交通事故問題

費用のご案内

<弁護士費用の基礎用語>

弁護士費用は、弁護士が行う職務の対価としての「弁護士報酬」と、職務を遂行するために必要となる「実費」からなります。
弁護士報酬には、以下のようなものが挙げられます。
このうち「弁護士報酬」は、以下のようなものが挙げられます。

①着手金 事件を受任する際にお支払いいただく委任事務処理料金
②報酬金 事件の成功度合いに応じてお支払いいただく委任事務処理の料金
③顧問料 顧問契約を結び、日常の法律業務を継続的に遂行するための料金
④法律相談料 法律相談を行った場合の料金
⑤書面鑑定料 法律上の判断または意見を述べる書面を作成した場合にお支払いいただく料金
⑥手数料 原則として1回程度の手続または委任事務処理で終了する事件等についてお支払いいただく料金対価
⑦日当 ご依頼いただいた委任事務の処理のために事務所を離れ、移動に時間を要することについての対価

事件の最初にお支払い頂きます着手金については、事件の経済的利益(その事件の結果によって依頼者の方がどれだの利益を得ることができ、あるいは失う可能性があるか)を基準にして算出し、報酬金については実際に依頼者の方が得られた経済的利益を基準にして算出することを基本としています。
 
当事務所では、上記の基準をベースに、依頼者の方との信頼関係や事件の難易度、関連する事件の有無、予想される解決の見込み等を総合的に考慮して、予め依頼者の方とご相談のうえ、原則として、具体的な金額を決定して見積書を提示させていただきます。予想外に過大な費用の請求を受けてしまうのでは困る、というご心配はありません。依頼されるか否かは見積書を見てからでも結構ですので、安心してご相談ください。

<当事務所の報酬基準>

問題を抱え、はじめて弁護士に依頼することになった時、「いったい費用はいくらかかるのだろう?弁護士さんに頼むとたくさんお金をとられるのではないか。」と不安に思われる方も多いのではないでしょうか。
 
当事務所では、ご相談の際の料金に対する不安要素を少しでも解決して頂くために、報酬基準の概要を公開しております。
 
※弁護士費用は、当該事案の性質(困難性と必要と見込まれる時間、有利な解決の得られる見込み等)によって、一律とはなりません。こちらに記載しております弁護士費用は一般的な事案に対する基準としてご理解ください。
  
ご依頼を希望される方には、事案の概要をお聞きしたうえで、報酬金に関する見積書をお渡し致します。依頼に関しましては、そのお見積書をご家族と相談なさるなどしてご検討されてから、ご連絡をいただければと存じます。
 
法律に関する悩みをお抱えの方は、まずは、30分間5,000円(消費税別)の法律相談を受けられることをお勧めいたします。「こんなことを聞いて迷惑にならないだろうか」とか「恥ずかしい」などといった心配はご無用です。
なお、弁護士は守秘義務を負っておりますので、ご本人の同意がない限り、相談内容をご家族を含めた第三者に漏らすことは決してございませんので、ご安心ください。
 
以下の表は、当事務所の代表的な事件に関する報酬の概要です(いずれも金額は消費税別)。

①法律相談料 30分まで5,000円(消費税別)。以後30分ごとに5,000円(消費税別)。但し多重債務者相談については無料となる場合があります。
②債務整理 ■着手金 1社20,000円
※訴訟提起の場合も,追加着手金はいただいておりません。
 
■報酬金 1社20,000円に別途以下の金額を加算。
①交渉によって過払金の返還を受けたとき:回収額の20%
②訴訟提起の上で過払金の返還を受けたとき:回収額の25%
※相当額の過払金の発生が確実に見込まれる場合には、着手金をお支払い頂くことなく依頼を頂くことも可能です(取り戻した過払い金からお支払い頂きます。但し、資料を持参のうえ、要相談)。
※弁護士に依頼した場合、依頼した日から解決するまでの間、業者に対する支払いはストップすることができます(こちらをご参照下さい)。
③個人(事業者を除く)の自己破産 下記同時廃止事件が見込まれるのか、管財事件が見込まれるかについては無料の法律相談によりアドバイスさせて頂きます。
 
(同時廃止事件(目ぼしい財産が無い)の場合)
■着手金 300,000円(債権者の数が10社まで。報酬金は不要)
債権者の数が11社以上の場合は、1社ごとに10,000円を加算させて頂きます。
※弁護士に依頼した場合、依頼した日から解決するまでの間、業者に対する支払いはストップすることができます(こちらをご参照ください。)。
※別途裁判所に対する予納金が必要となります(金額は負債総額等で決まります。)。
 
(管財事件の場合)
■着手金 400,000円(債権者の数が10社まで。報酬金は不要)
債権者の数が10社を超える場合は、1社ごとに10,000円を加算させて頂きます。
※別途裁判所に対する予納金が必要となります(金額は負債総額等で決まります。)。
④法人及び個人事業者破産事件 (小規模管財事件の場合)
■着手金 400,000円~(報酬は不要です)
①債権者数、債務総額、事業の規模が大きい場合には加算する場合がございます。
※別途裁判所に対する予納金が別途必要となります(金額は負債総額等により決まります)
 
(通常管財事件の場合)
■着手金 100万円~
①裁判所への予納金が別途必要となります(金額は負債総額等により決まります)
※小規模型・通常型のいずれになるかは、事案により決まります。
⑤個人民事再生(小規模個人再生、給与所得者等再生) ■着手金 400,000円(債権者の数が10社まで。報酬金は不要)
①債権者の数が10社を超える場合は、1社ごとに10,000円を加算させて頂きます。
②住宅ローン特則を利用する場合には、別途100,000円を加算。
※弁護士に依頼した場合、依頼した日から解決するまでの間、業者に対する支払いはストップすることができます(こちらをご参照ください)。
⑥一般民事事件(交渉、貸金、損害賠償、売掛金回収等)
経済的利益 着手金 報酬金
300万円以下の場合 8% 16%
300万円を超え、
3,000万円以下の場合
5%+9万円 10%+18万円
3,000万円を超え、
3億円以下の場合
3%+69万円 6%+138万円
3億円を超える場合 2%+369万円 4%+738万円

1.経済的利益が算定不明の場合は、経済的利益800万円として算定します。
2.着手金の最低額は、105,000円です。
3.上記基準はあくまでも目安です。事件の難易度、関連する事件の有無、予想される解決の見込み等を総合的に考慮して、予め依頼者の方とご相談のうえ、合意のうえ委任契約を締結します。
⑦遺言書作成 手数料 20万円~
⑧遺産分割事件
着手金 報酬金
協議・調停 300,000円 300,000円
調停より
審判へ移行した場合
100,000円 100,000円
⑨相続放棄手続 着手金 5万円~
⑩成年後見開始申立 着手金 10万円~
⑪離婚・不貞慰謝料事件
着手金 報酬金
協議・調停 300,000円 300,000円
調停より
訴訟へ移行した場合
100,000円 300,000円
訴訟段階より
受任した場合
400,000円 400,000円
離婚に伴う金銭の請求 請求する額又は請求されている額の5%+税 得られた額又は減額した額の10%+税

※金銭の請求は、慰謝料、財産分与、養育費、婚姻費用の請求を含みます。
※不貞慰謝料のみの請求事件・被請求事件は、⑥をご参照ください。
⑫刑事事件 (起訴前)
着手金 報酬金
1.簡易な事件 300,000円 300,000円
2.上記以外 400,000円~ 400,000円~
※1.報酬金は、不起訴又は略式命令(罰金)となった場合です。
 
(起訴後)
着手金 報酬金
1.簡易な事件 300,000円 300,000円
2.上記以外 400,000円~ 400,000円~
※1.簡易な事件とは、特段の複雑さ、困難さが要求されず、事実関係に争いのない情状事件をいいます。
2.報酬金は、求刑された刑が減軽された場合、刑の執行猶予がされた場合です。
 
(保釈)
着手金 報酬金
保釈請求 100,000円 100,000円
⑬内容証明郵便作成 1通30,000円~
⑭日当 半日(往復2時間を超え4時間まで) 30,000円
一日(往復4時間を超える場合)    50,000円
⑮顧問料 月額3万円~

顧問契約のすすめ 無料借金相談 お客様の声 よくあるご質問 ご予約・お問い合わせ 飯田直樹ブログ 茶のしずく石鹸 被害に遭われた方へ。 Vファーレン長崎